ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

価格で選ぶ

ご予算別にご紹介

 
  

こどもの日の由来と飾りの種類

「こどもの日」は、年に一度こどもの成長を祝う特別な一日です。毎年この日に合わせて鯉のぼりや鎧兜を飾る家庭も多くあります。
しかし、その起源や飾られるようになった背景を知らないという方もいらっしゃるでしょう。
こどもの日とはなにか、その由来や過ごし方、飾りの種類について紹介します。

こどもの日/端午の節句とは?

もともとは端午の節句として祝われていた

5月5日に祝われるこどもの日は、もともとは奈良時代に端午の節句として中国から伝わりました。「端」は始まりを、「午」は数字の五を意味しています。当時は男の子の成長を祝うという意味合いはなく、病気や邪気を払うための行事でした。

今と同じように男の子の成長を祝うようになったのは、江戸時代からです。武家の跡取りである男の子の成長を祈るためのもので、鎧兜や鯉のぼりが飾られる習慣もこの時期にできたといわれています。その後も多くの人に親しまれ続け、1949年に正式にこどもの日として制定されたのです。

一般的なこどもの日の過ごし方

■五月人形や兜飾り、鯉のぼりを飾る

こどもの日に飾りつけをする習慣は日本から生まれました。飾りにはそれぞれ意味があり、こどもの成長を祈願する縁起の良いものばかりです。多くの家庭で行われている習慣なので、飾りつけをすることでこどもの日を実感する人も多いでしょう。

■粽(ちまき)や柏餅を食べる

粽を食べる風習はとても古く、端午の節句が中国から伝わってきた頃からありました。粽を食べることで邪気を追い払い、こどもが無事に成長できるようにという意味が込められています。一方で柏餅を食べる習慣は日本によるものです。柏は非常に縁起の良い木とされており、こどもの健康祈願だけでなく子孫繁栄の意味も込められています。

■菖蒲湯に入る

菖蒲湯も端午の節句の頃から行われてきた風習です。菖蒲の香りが厄を追い払うとされており、現在でもこどもの日の風習として残っています。また、菖蒲をお風呂に入れることで、リラックス効果が期待できるともいわれています。

こどもの日に飾る鯉のぼり・兜飾り

鯉のぼり

■鯉のぼりを上げる意味

鯉のぼりは江戸時代に町人の間で広まりました。もともとは武家で飾られていた吹流しを意識したもので、過酷な環境の中でも立派に育つ鯉のように、こどもにも成長していって欲しいという意味が込められています。

■鯉のぼりの色と種類

・真鯉(黒色)
もっとも古い鯉のぼりの色で、鯉のぼりが飾られるようになった当初はこの色だけでした。大きくて力強い鯉なので、現在では家族を支えるお父さん鯉としての意味もあります。

・緋鯉(赤色)
黒以外の色が鯉のぼりで使われるようになったのは、明治以降といわれています。赤色の緋鯉はその中でも特に歴史が古く、真鯉の対として飾られていました。また、お母さん鯉としても親しまれています。

・子鯉(青色)
青色の小さな子鯉はこどもを表しています。最近ではオレンジやピンクといった色もあり、男の子だけでなく、女の子や家族全員の無事を祝う飾り物としても人気です。

・五色の吹流し
もともとは武家が飾っていたものですが、鯉のぼりとあわせて一番上に飾られるようになりました。五つの色にはそれぞれ意味があり、中国の五行説が由来となっています。魔よけとしての意味もあるため、こどもの無事を祈願する飾りとしても有名です。

■鯉のぼりの飾り方や収納方法

・室内で鯉のぼりを飾る方法
室内用の鯉のぼりは、スタンド式と天井から吊すタイプに分けられます。スタンド式は小型なものが主流で部屋の中でも場所を取りません。加えて組み立ても簡単なので、手軽に鯉のぼりを楽しみたいご家庭にもおすすめです。

また天井から吊すタイプであれば、家の中でも本格的な鯉のぼりを楽しむことができます。背景がキャンバスになったものもあるため、お部屋の状況に合わせられることも特徴です。

ほかにも手作りで鯉のぼりが作れるキットなどもあります。コンパクトで手軽に作られるため、こどもの日のちょっとしたインテリアとしても最適です。

・庭やベランダで鯉のぼりを飾る方法
家の外に鯉のぼりを飾るのであれば、ポールやスタンドを用いることで高く飾ることが可能です。もしベランダがある場合は、ベランダに飾る用の鯉のぼりを吊す方法もあります。近隣の住宅に干渉する恐れもあるため、適切な大きさの鯉を選ぶようにしましょう。

・鯉のぼりの保管方法
鯉のぼりをしまうタイミングについて特に決まりはありませんが、大体5月の半ばくらいまでには片付けるケースがほとんどです。

洗濯の際は中性洗剤を利用し、傷みや破損を避けるため手洗いをしてください。浸けおきする際は、お風呂の浴槽を利用するとまんべんなく洗うことができます。

また、収納時は十分に乾かしてから保管しましょう。乾いていない場合や湿度が高い場所での保管は、カビの発生や色が移る原因となります。次の年も気持ちよく使えるように保管場所には注意してください。

兜飾り、五月人形

■もともとは武家の習慣だった

鎧や兜が飾られるようになった背景は、江戸時代までさかのぼります。もとは武家の跡取りである男の子の成長を祈願して飾られるようになりました。現在では、鎧や兜がこどもを守ってくれるという意味合いとして多くの家庭で飾られるようになっています。

■飾りの種類

・五月人形
こどもの日を象徴する五月人形は、鎧や兜とともに飾られた武者人形が由来ともいわれています。その名の通り武者の形を模したものから、金太郎をモチーフにしたものまでさまざまな種類があります。小さなお子さんがいると怪我やいたずらによる破損が心配ですが、透明なケース入りの五月人形であればそうしたリスクも減らすことができて安心です。

・兜飾り
兜を模した飾りで、実際にこどもが着用できる軽量なもの、ケース入りのタイプ、有名な将軍の兜に似せて作られたものなど幅広くあります。飾り棚に直接入れられる収納飾りであれば、省スペースながら本格的な兜を飾ることが可能です。

また、兜飾りには花個紋と呼ばれるその日ならではの紋を入れることができます。こどもの名前とともに誕生日の花個紋を入れることで、毎年の風習がより特別なものとなるでしょう。

※花個紋を入れることができる商品は、アカチャンホンポ店舗とオムニ7(アカチャンホンポ)で取り扱っています

・鎧飾り
鎧飾りは兜だけでなく鎧全体の飾りです。体を守るための鎧を飾ることで、こどもを守るという意味が込められています。色も鮮やかでサイズも大きいため、こどもの日を大いに演出してくれるアイテムとして人気です。

■兜飾り、五月人形の飾り方や収納方法

五月人形や兜を飾る日については厳密な決まりがありません。また、しまうタイミングについても特に決められていないため、こどもの日が過ぎた頃合いを見計らって収納するようにしましょう。

収納する前には、飾りについた汚れをティッシュやはたきで取り除きます。直接触ると汚れの原因となるため、手で触れないように気を付けてください。五月人形のようなお顔がついているものは、面紙をすることで傷を防ぐことができます。ティッシュでも代用可能なので、忘れずにつけるようにしましょう。

飾る際も保管する際も直射日光を避け、湿気の少ないところを選ぶと劣化を抑えやすくなります。除湿剤を入れる場合は、直接飾りに触れないように注意してください。また組み立て後や収納時の写真を別で撮影しておくと、翌年に飾る際に参考として確認することができます。

こどもの日の飾りにはさまざまな種類がありますが、どれも特別な願いが込められています。商品によっては名前や花個紋を入れることができるため、今回紹介した内容を参考にぜひお子さん、ご家族に喜ばれるギフトを探してみてください。

五月人形ならセブン&アイのオムニ7でショッピング。
セブンネットショッピング 、西武・そごう e.デパート 、イトーヨーカドー ネット通販 、アカチャンホンポ ネット通販、ロフトネットストアが集結した「オムニ7」は、
nanacoポイントとセブンマイルが貯まりセブン‐イレブンでの店舗受取・返品が可能、
セブン&アイの安心安全なネットショッピングです。

SHARE
Facebook
Twitter

ページの先頭へ