ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ホーム
  • オムニ7でオーダーメイドフラワーを贈る
omni7 Christmas Party

クリスマスに世界にひとつだけのプレゼント。
Sakaseruでオーダーメイドのクリスマスリースとブーケを頼んでみた。

肌寒い季節になり、いよいよクリスマスの足音が聞こえてくるようになりましたね。
クリスマスと言えば思いを巡らせるのがそう「プレゼント」。
マフラーや手袋、アクセサリーや絵本など色々なアイデアがあるかと思いますが、
今年のクリスマスはちょっと発想を変えて大切な人に
「お花」をプレゼントしてみるのはいかがでしょうか。

今回はomniモールに新しくオープンしたプロのフラワーデザイナーに
オーダーメイドフラワーを作ってもらえるサービス「Sakaseru」を利用して
"世界に一つだけ"の特別なプレゼントを用意してみることにしました。

Sakaseruでオーダーメイドフラワーを注文!

Sakaseruでオーダーメイドフラワーを頼むには
こちらのページの「オーダーメイドフラワーを贈る」というボタンをクリック。

一覧の中から好みのフラワーデザイナーさんを選択し、
お花を贈りたいシーンやどんなお花を贈りたいか、予算を伝えます。
このあと詳細はフラワーデザイナーさんと直接決めていくことができますが、
最初の段階で具体的にイメージを伝えておけると後々のやり取りをスムーズに進めることができます。
僕の場合は今回クリスマスリースとクリスマス仕様の花束を一つずつ注文してみることにしました。

項目の入力が終わるとこのようにオーダーの履歴が管理画面に残ります。
オーダーするお花の細かい要望は画面上の「メッセージを見る」の項目から
フラワーデザイナーさんに伝えていきます。

実際の会話の内容はこのような形です。
僕がざっくりとしか伝えていないイメージを元に、
具体的なお花の構成に徐々に落とし込んでくれます。
さらには「リースを作る際に僕の家のドアの雰囲気に合わせてイメージを固めたいので
ドアの写真を送って下さい」という提案まで。
お花が置かれる場所まで意識をする、プロのデザイナーのこだわりを感じました。

お花が完成したらこのようにメッセージを写真を添えて送ってくれるので、
友人や恋人、家族の家に直接送る場合でもどのようなお花が送られているのか分かって安心。
贈ったお花のイメージが分かるとメールや電話でも会話が弾みそうですね。
遠い距離を「お花」で繋いでくれる素晴らしいサービスだと思います。

Sakaseruでオーダーメイドフラワーを注文!

オンラインでオーダーをしてから2日後、
お花が詰まったダンボールがSakaseruから僕の家に送られてきました。
オーダーというからもう少し時間がかかるものだと思っていましたが
発注から到着までこんなにスピーディに行えるとは思っていませんでした。

箱を開けた瞬間、中からふわっとしたお花の良い香りが。
ダンボールの底にはスタンドが埋め込まれていて
花束が倒れないようにきちんと固定されています。

オーダーメイドのシックで上品なクリスマスリース

中から取り出して思わず「おぉ…!」と感動の声を上げてしまいました。
こちらが今回Sakaseruでオーダーしたクリスマスリースです。

作り物にはないしっかりとした重量感、活き活きとした葉の張り、植物独特の香り。
こんなに立派なクリスマスリースに触れるのは正直今回が初めてです。

赤々とした柊の実も全てが本物。緑とのコントラストが美しく、天然のクリスマスカラーを演出します。

リースのベース部分にはオレゴン産のモミの木や、ヒムロスギ、アリゾナ糸杉などの
針葉樹の葉が使われており、ナチュラルで芳醇な木の香りがリースから漂います。

上から見るとこのように綺麗な円形をなし、中心には可愛らしくも上品な色味のリボンが。
これを一つ一つデザイナーの方が手作業で作られていると思うと、
また思い入れも変わってきますね。

さっそくウキウキした気分で自宅のドアの前にリースを飾り付け。
オーダー通り白い壁に映える美しいクリスマスリースがやってきました。
作り物では決して再現できない天然の質感と高級感。
大人らしく上品にまとめてくれているので一人暮らしの大人の家にもぴったりですね。
こちらは自宅用、自分のプレゼントとして冬の間楽しみたいと思います。

クリスマスの飾り付けはしたいけど普通の市販品じゃ満足できない、
というこだわりのある方は是非試してみてはいかがでしょうか。
これが一つ家の中にあるだけでクリスマスインテリアのクオリティがグッと一段上がります。

世界にひとつだけのクリスマスブーケ

今回、クリスマスリースと一緒に合わせて頼んだのがこちらのクリスマスブーケ。
時期が冬ということもあり、クリスマスに花束を上げるイメージってあまりないと思いますが、
だからこそ印象に残るのではないかと思い注文。
リースとテイストを合わせた、シックで上品な花束に仕上げてもらいました。

ブーケもクリスマスらしく赤と緑を基調としたクリスマスカラー。
真ん中の燃えるような発色の赤い花は「マグナ」というお花だそうです。
こういう機会でもないと花の名前を知るきっかけもないので勉強になりますね。

こちらのあまり見かけないお花は「バンダ」という名前の洋蘭だそうです。
オーダーメイドということで普通のお店ではあまり使われないような
特殊な花も散りばめてくれるのがまた一層特別感を引き立ててくれます。

今回こちらのクリスマスブーケは一束5,000円という予算を伝えて作ってもらいました。
これだけ独創的で、美しい花束がこの値段で買えるとは…。
トップのフラワーデザイナーと直接繋がることのできるSakaseruだからこそ実現できるブーケでしょう。

ちゃんと持ち運びのことも考えて、ブーケ用の紙袋も用意していただいていました。
こういう気配りが嬉しいです。

クリスマスに、花束を

イルミネーションの前で、大切な人と待ち合わせ。
花束から香る匂いを感じながら、どんな顔で喜んでくれるだろうかと想像を巡らせます。

人気のイルミネーションの前ということで、待ち合わせをしているであろう男女は多く見かけますが、
手に花束を持って待っているのは見渡しても僕一人。

年に一回の特別な夜だからこそ、贈り物にもこだわってみたいと僕は思います。
世界に一つだけという"特別"を皆さんも今年は大切な人に贈ってみませんか。

ページの先頭へ